TOP > 畳の張替えの豆知識 > 畳の張替えのポイントは種類と技術力です

畳の張替えのポイントは種類と技術力です

和室といえば畳ですが、最近はいろいろな種類があり洋室の一角に使う家庭も増えています。
そして、現在使っている畳が悪くなっている場合には張替えが必要になります。
ちなみに、張替えの方法としては裏返しと表替えと新調の三種類があります。
その中で、状態によって可能かどうかが決まりますが、安くあげたい場合には裏返しや表替えとなります。
すべてを新しいものにするわけではないため、その分費用を抑えることができます。
業者によって異なりますが、裏返しの場合は3000円から4000円ほどが相場になっています。
特注で作成してもらったもの以外であれば、いろいろな業者を比較しやすいです。
そして、表替えの場合の相場としては5000円から10000円ほどになっています。
使う素材によって大きく変わるため、その点も考慮して選ぶことがポイントです。


素材としてはい草が一般的ですが、最近はデザイン性や手入れのしやすさを考慮してポリプロピレンが使われているタイプもあります。
ちなみに、い草は品質によって金額が大きく変わってきます。
例えば熊本産で安いものでは6000円ほどになります。
国産だけあって品質も高く、匂いはもちろんのこと高級感のある光沢があります。
そのため、昔から畳を使っているという家では国産を選んでいます。
その点、ポリプロピレンがつかわれているものは耐久性が高く長く使えるという点と、手入れが楽というメリットがあります。
これは、新調する場合にも言えることで、芯材が悪くなっている場合には新しく作ってもらうことになります。
特に歩くと沈んだりカビが発生している場合には、使用年数が少なくても新調したほうが良い場合が多いです。


そして、一番大切なのが信頼できる業者であるかです。
いくら安くても品質が悪ければ意味がありません。
ホームページなどで見るときには、取り扱っている素材の種類やレビューも見ておくことがポイントです。
それに加えて、判断するポイントとして畳製作技能士という資格を有しているかどうかです。
この資格は国家資格であり、製作はもちろんのことその家の環境や予算からアドバイスをしてくれます。
畳は既製品もありますが、技術を持った業者であるほど、微調整をしてぴったりと合わせてくれます。
そのため、実際に見てもらい張替え方法を決め見積もりを出してもらうことになります。
見積もりでは素材名や一畳当たりの単価まで出してもらい比較することが大切です。
これによって、ほかの業者と比較できるだけでなく、信頼できる業者であるかもチェックできます。

次の記事へ